在庫管理の課題

在庫管理は、ただ商品を保管しておけばいいというわけではありません。数を把握したり、ルールをしっかりと決めて管理を行わないと、様々な問題を引き起こしてしまう原因となります。

こういった在庫管理の課題を改善するための基幹システム開発をお考えの方は、東京にある当社をご利用ください。当社では、経験豊富なMBAホルダーの業務改善システムコンサルタントが中心となり、最適な業務管理システム、基幹システム、通販支援システムなどを提供いたします。

在庫数のズレ

気をつけて管理をしていても、棚卸の際に在庫数のズレが発生するケースは多くあります。その原因は様々ありますが、単純なミスも原因の1つです。例えば、商品のカウントミスや記入ミス、計算間違いなどによるヒューマンエラーによって在庫数にズレが生じることはよくあります。

在庫数のズレ

また、運用ルールの曖昧さも在庫数のズレを引き起こします。返品された商品の管理方法や営業マンとの連携などをマニュアル化し、現場に浸透させる必要があるでしょう。

正しい在庫数を把握できていないと取引先からのクレームやトラブルに繋がる恐れがあり、利益にも影響する問題となるため、常に正しい在庫数を把握しておくということはとても大切なことなのです。

出荷ミス

誤出荷によるクレームというのも、よくあるトラブルとなります。誤出荷を防ぐためにはしっかりと検品をするということも大切ですが、作業時間を単純化し、短時間で作業を終えるようなルールを作ることも大切です。作業時間に余裕がなく、作業の量も多いとどうしてもミスに繋がってしまうものです。

また、作業動線を短くしたり、確認作業を少なくしたりとちょっとした手間を省くだけでも、余裕を持って作業できる時間を確保することができます。他にも、入荷から出荷まで誰がどのような作業を行ったかを確認し、どこでミスが生じたのかしっかりと把握し、改善に努めることも大切です。

在庫の増加

在庫を持つことは経営上欠かすことができないものですが、必要以上に在庫を持っていると会社の経営を圧迫してしまうものでもあります。在庫が多いとその分保管スペースを多く必要とするため管理費用が発生しますし、在庫を保有しているうちに品質が劣化し、商品価値も低下してしまいます。

在庫数のズレ

また、値下げや破棄によって当初見込んだ売上や利益を得ることができなくなるため、赤字になる恐れもあるのです。そういったことを防ぐためにも、在庫数を把握しておくことは大切です。

どの商品がどれだけ売れ残っているのか、売れ筋商品は何かをリアルタイムで把握することができれば、早めに対策をとることができますし、経営判断を容易にすることもできます。

出版社様向けの基幹システムなら

当社では業務をスムーズにする基幹システムを始め、出版社様向け定期購読管理や広告管理、編集経費管理、財務管理、インターネット通販の販売管理、配送管理など、業務を効率化するシステムを提案・構築いたします。システム運用をお考え方はお気軽にお問い合わせください。また、レガシー基幹システムの再構築も得意としていますので、現行システムの見直しに関してもぜひご相談ください。


大田区のシステム開発・構築なら【株式会社ベストソリューションズ】 概要

サイト名 株式会社ベストソリューションズ
所在地 〒145-0076 東京都大田区田園調布南14-5-105
電話番号 03-6715-2985
URL http://www.bestsolutions.co.jp
業務内容 大田区のシステム開発・建設業、製造業、出版社様向け業務管理システム・クラウドシステム・業務効率化システム・進捗管理システム・課題解決支援
説明 東京都大田区で基幹システム開発などを行う【株式会社ベストソリューションズ】です。出版社様向け業務管理システムやレガシー基幹システム再構築など、業務効率化、課題解決のベストパートナーとして支援しております。
日本
都道府県 東京都
市区町村 大田区

コンテンツ

go to top